読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Google Datalab 上で Highcharts を使う その2 - ワザワザ IPython.display.HTML を import しなくてもよかった件

datalab ipython notebook highcharts

前回記事で紹介した、Google Datalab 上で Highcharts を使ってグラフを描く話。
notebook 常に HTML を出力する方法として from IPython.display import HTML によってインポートされた機能を使って HTML を出力してたが、もっと簡単にできた・・・

IPython の magic command

IPython には magic command というものがあって、シェルのコマンドを実行したりエイリアスを定義・活用したりできる。
その中に Cell magic というものがあって、notebook の cell 単位でいろんな処理を行うことができる。

Built-in magic commands — IPython 4.2.0 documentation

IPython の cell magic で html を Google Cloud Datalab に出力する

その cell magic の中には、cell に様々なコードを記述して実行するものがあり、その中の %%html を使えば cell 内にHTMLを記述して実行することができる。

%%html
Render the cell as a block of HTML
Cell Magic - Built-in magic commands

%%HTML cell magic を使ったサンプル

cell magic %%html を使うと前回のコードはこんな感じ。こっちの方が随分シンプル。

gist.github.com

参考:
datalove.hatenadiary.jp